03≪ 2017/04 ≫05
123456789101112131415161718192021222324252627282930

スポンサーサイト

-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2011-02-11 (Fri)
先日コメントでアイスコーンについてのご質問があったので、どうせなら記事にしちゃえ~!
ということで今日はワッフルコーンについてです

まずご用意いただくのはワッフル模様のシリコン鍋敷き
P1020139.jpg
これはダイソーで購入しました。

P1020140.jpg
携帯と比べると大きさはこれくらい

P1020143.jpg
これにおゆまるをギュギュ~~っとおしつけて型をとります。

P1020146.jpg
そうするとこんな感じのワッフルコーンが完成いたします♪

オーダー品を作り終えて気が抜けたのか3日もサボってしまいました~
イカーン!
明日はちゃんと書こうと思います

↓ちょっと参考になったかも~と押して下さるととても嬉しいです~!m(_ _)mぺこっ
にほんブログ村 ハンドメイドブログ スイーツデコへ
 
スポンサーサイト
| アイス | COM(6) | TB(0) |
2010-09-01 (Wed)
アイスと言えば表面の質感!
これが道具を使わずに簡単に出来るんですよ(計量スプーンは使います!)
ハーフセラ限定作り方なので参考までにどうぞ~

アイス作り方 ~ハーフセラの巻~

用意するもの
ハーフセラ
計量スプーン
ボンド
ピンセット

dd14.jpg
まずは着色した粘土を計量スプーンに詰めます(はみ出すくらいに)
粘土の量はコレとは別にヒダの分も必要なのでもうちょっと多めに作って保存して置きます

スプーンから粘土を出したら少し丸く整えて
dd24.jpg
指の先っちょを使って・・・
dd15.jpg
画像の矢印のように粘土の端から端までをでこそげます
計量スプーンに詰めたのはあくまでも大きさと量を測るためなので変形しても構いません

dd17.jpg
こそげ落しを繰り返してアイスの表面全体に質感をつけます(ランダムにではなく、同じ向きにこそいで下さい)
見事に凸凹
なんですが、焦ってはいけません!
この状態で表面がある程度乾くまで放置します

dd23.jpg
軽く押しても表面が崩れない程度に乾燥したら計量カップに押し付けて形を整えます(乾燥させすぎると丸く形が整わなくなるので注意です!)
これでキレイに丸くなりました

dd20.jpg
マーブル模様の場合はこんな風に模様を作ってからこそげ落とすと好きなマーブルが作れます

ささ、形を整えたら一旦終了。
半日から一日乾燥させてください

粘土が乾燥したら今度はヒダづけに入ります
dd25.jpg
カップに固定して二段に重ねて・・・最後にヒダです
ボンドとピンセットを用意してください

dd29.jpg
まずは本体の方にボンドをつけていきます

dd30.jpg
次に、保存しておいたヒダ用粘土をピンセットでちょこっとつまみます

dd31.jpg
それを手際よくペタペタくっ付けていって下さい

dd38.jpg
一周ぐるっと粘土をつけたら、今度はバランスを見ながら粘土を付け足していきます
この時、ボンドは使わずに粘土に水をつけてちょんちょんと乗せていってください
ハーフセラは乾燥してなければ水でもちゃんと付くので問題ありません

dd34.jpg
一周ザッとくっ付けたものが上
バランスを見ながら肉付けしたのが下のものです
水で濡れて光ってるの見えますでしょうか?結構水浸しなんです

dd33.jpg
後は水でぬらした筆で整えたら完成です~♪


いかがだったでしょうか!
私はこの方法にしてからアイスはハーフセラでしか作らなくなりました
問題点といえば発色が悪い事でしょうか・・・チョコ色に苦労します

↓ちょっと参考になったかも~と押して下さるととても嬉しいです~!m(_ _)mぺこっ
にほんブログ村 ハンドメイドブログ スイーツデコへ
 
| アイス | COM(10) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。