09≪ 2017/10 ≫11
12345678910111213141516171819202122232425262728293031

スポンサーサイト

-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |

いちごの作り方

2011-05-18 (Wed)
おまたせ(?)いたしました!
作り方のカテゴリーに名前があっただけで記事が無いという、幻のイチゴ作り方です
やっとUPすることができました。
ではでは早速ドウゾ!

イチゴ作り方
材料
モデナ(グレイスでも○)
アクリル絵の具
造花の葉っぱ


P1020537.jpg
まずは計量スプーンと種付け用の棒を用意します。
計量スプーンは無くてもいいですが、同じ大きさの物を何個も作る事が多いと思うのであった方が便利です♪

P1020539.jpg
種付け用の棒は注射針のような中が空洞になっているもので、先端を少し潰してしずく型に成形した物を使います。
この注射針もどきはダイソーで購入した化粧品用のスポイドだったと思います。
確か見た目も注射器みたいな商品だったような・・・。

道具を揃えたら早速イチゴ作りに突入です!
P1020544.jpg
モデナをイチゴの形に整えたら、まずは一番下の段に一周ぐるっと種を付けます。

P1020547.jpg
次に、一週目の種の間に二週目の種を付けていきます。

P1020548.jpg
これを繰り返して上まで埋めていくのですが、段々狭くなってきて上の方はギュウギュウ詰めになってしまうので、適当に数を減らしてバランスを見ながら付けていってください。

P1020554.jpg
モデナやグレイスを使うのは透明度が高いからなんですが(特にモデナは強度があるので)、粘土はお好みで好きな物を使ってくださいね!
ちなみにモデナの乾燥前と後はこんな感じです。
画像だとちょと黄ばんだぐらいにしか見えないですね・・・

さてさて、完全に乾燥させたらお次は色付けです。
凸凹だらけのイチゴの着色はなかなか大変ですががんばっていきましょー!
P1020556.jpg
まずは細筆を使って下の方の種のくぼみをうすーい赤で着色します。

P1020559.jpg
次に真っ赤に濃い絵の具で上の方のくぼみを塗りつぶしていきます。
筆を使う作業はここまでです。

今度はスポンジを使って仕上げの着色をしていきます。
P1020562.jpg
たっぷり絵の具をつけて上の方から下の方へグラデーションになるようにポンポンします。

P1020563.jpg
私は結構スポンジに水を含ませて着色するので、一回着色しただけだとあちこち薄いところや禿げてるところなんかがあります。

P1020565.jpg
数回に分けて色を重ねていきます。
これはまだ2回ぐらいでしょうか、濃い部分と薄い部分の境目がクッキリしています。

P1020568.jpg
上の画像と余り変わらないような違うような・・・
とりあえずこれで色づけ完了です!

P1020572.jpg
あとは造花の葉っぱを付けてニスを塗ってテカテカにすればジューシーなイチゴに♪
お好みでチョコがけなど~~


私は種つけ用の棒に大きいサイズ用と小さいサイズ用の2種類を使い分けています。
ミニチュアサイズのイチゴになるとかなり小さいので針とか使う時もありますが
カットイチゴの色付けとかもご紹介できればいいんですが、前よりヘタクソになったのでしばらく封印しようと思います


↓ちょっと参考になったかも~と押して下さるととても嬉しいです~!m(_ _)mぺこっ
にほんブログ村 ハンドメイドブログ スイーツデコへ
 

現在多忙な為、コメントのお返事にはお時間を頂いております。
ご了承くださいませm(_ _)m
スポンサーサイト
| イチゴ | COM(6) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。